国語

国語の指導方針

国語の指導方針 
 国語では、聞く・話す・読む・書くの四つの言語活動に関して、それぞれの言語技能を身につけることが、主要な目標になっています。これらの技能 は、すべての教科の基礎になるという点で、非常に重要です。もちろん、将来にわたって生活や労働の基礎となるという点で、言語技能が大切であることは言う までもありません。
 聞く・話すという言語活動は、近来、徐々にその重要性が再認識されてきています。今後の社会の変容にともなって、ますます自己表現の必要とされる場面も 多くなると考えられます。本校では、特に中学において、朗読、討論、発表など、可能な限り〈聞く、話す〉活動を取り入れた授業を行うようにしています。ま た、古典教育でも、音読を重視した指導を行っています。
 書く活動については、文章を読む授業において、要約や読後の意見など、できるだけ多くの訓練を行うのは当然ですが、独自に作文課題への取り組みも重視しています。さらに、高校3年では、小論文の書き方についての個人指導を行っています。
 読む活動の指導については、現代文と古典という二つの分野にわたって、それぞれ多様な作品を読むことになります。
 現代文では、論理的文章と文芸的文章とのそれぞれに対する読みの態度が大切です。
 論理的文章では、その主張を明確に捉えるとともに、その読みが、自らの意見を探り出すきっかけにもなるような指導を重視します。文芸的文章では、作品に対する豊かな鑑賞が出来るような指導の工夫を怠らないようにしています。
 古典は、さらに古文と漢文とに分けられます。本校では、中学3年から、その学習に入ります。
 古文にせよ、漢文にせよ、現代とは異なった語彙、文法を身につけていく必要があり、そのために中学の早い段階から先を見越した丁寧な指導を心がけています。
 このように、それぞれの文章の性質に応じた指導を行い、高校3年では、大学入試問題の演習を行っています。
 国語科の、土曜講習への取り組みは、次の四つのねらいにそって、行われています。第一に、平日の授業内容の基礎的部分をわかりやすく学びなおすことで す。第二に、平日の授業内容を発展させる学びの機会を作ることです。第三として、高校三年生のために、演習の機会を増やすことです。第一のねらいから、高 校の「現代文基礎」「古文基礎」「漢文基礎」が開講されます。第二のねらいから、「古文購読」、「漢文購読」、「朗読」、「狂言」が開講されます。また、 第三のねらいから、現代文、古典(古文・漢文)の入試問題演習を開講しています。
 以上のような学習を各分野で行うことで、大学入試に対応した学力も身についていくものと考えています。
                                  (国語科主任)