総合学習

2016土曜4校時・総合学習のご案内

3年連続 観光甲子園準グランプリ獲得

3年連続 観光甲子園準グランプリ獲得
2010年、2011年と準グランプリを獲得した全国高校生観光プランコンテスト・第4回観光甲子園において、本校「起業で学ぶ現代」ゼミの4名 が出品した「宙(そら)ガール“星のリゾート”、茨城に行く」が本選10作品に選出され、さる8月26日神戸における本選に参加してきました。結果は3年 連続の準グランプリでした。ご指導ご声援くださいました皆様に心より御礼を申し上げます。

起業ゼミ 観光甲子園本選出場

起業ゼミ 観光甲子園本選出場
昨年に引き続き、「起業に学ぶ現代」ゼミでは、4月以来商工会青年部、行政の観光部署の方、地域振興を研究するグループの方々からレクチャーを受 け、フィールドワークをしながら地域振興に寄与する観光プランを検討してまいりました。ゼミからは3プランを提出しましたが、そのうち「五行思想でめぐる 体験型エコツアー」が応募132プランの中から本選出場の10プランの1つに選ばれました。8月21日に神戸で開催される本選には高1高2の女子5名がプ レゼンテーションを披露します。なお、プレゼンテーションの模様は後日、動画で観光甲子園のHPからご覧いただくことが出来ます。
【関連リンク】
観光甲子園

教育ゼミ活動 鹿島小学校訪問

教育ゼミ活動 鹿島小学校訪問
2月9日、教育ゼミの高校1年生が鹿島小学校で1日体験学習を行いました。
14名の生徒は、1人1クラスを担当させていただき、朝のあいさつ運動から、授業見学、休み時間の交流、給食、掃除、クラブ活動まで、1日児童と共に活動しました。
最初は緊張で硬くなっていたり、どう関わればいいのかと悩んでいたりした生徒でしたが、小学生の笑顔と先生方の暖かいご支援によって、楽しく、自覚をもって活動することが出来たようです。最後のお別れの時には、別れを惜しんで涙ぐむ生徒もいました。
この経験をこれからの生活にも活かし、夢を叶えてほしいと思います。

■ はじめまして!

■ 手芸クラブでの様子

観光甲子園準グランプリ

観光甲子園準グランプリ
平成22年8月29日、神戸夙川学院大学で開催された第2回全国高校生観光プランコンテスト・観光甲子園において、起業で学ぶ現代ゼミの高校1年 生が作成したプランが、準グランプリ・神戸市長賞を受賞しました。独自の視点・プレゼンテーション力を高く評していただきました。プラン作成に当たって調 査にご協力いただいた県内外の各機関・企業・地元関係者の皆様やご声援いただきました皆様に篤く御礼申し上げます。
なお、前日28日には茨城新聞にも記事が掲載されました。ファイルでご覧いただけます。

■ 本選でのプレゼン

■ 準グランプリをいただきました

【関連ファイル】
茨城新聞8月28日付記事
茨城新聞9月9日記事

 

ビジネスアイディア甲子園連覇!グランプリに湯澤くん

ビジネスアイディア甲子園連覇!グランプリに湯澤くん
 さる12月12日、毎日新聞社・大阪商業大学主催の第8回全国高等学校ビジネスアイディア甲子園で本校の湯澤薫君の「音楽療法配信サービス」 が、過去最多の5,832点の応募のなかから、最高位であるグランプリに選ばれました。「心を癒す、社会性を重視した」アイディアであることが評価されて の受賞でした。
 昨年の野口雅貴君のグランプリ受賞に続く連続グランプリ獲得であり、過去8回のビジネスアイディア甲子園の中で、同一学校からのグランプリ連続獲得は初めてのことです。
 総合学習の「起業で学ぶ現代」ゼミは今年度で4年目ですが、初年度からこのビジネスアイディア甲子園に挑戦し続け、1,2年目に審査員特別賞、そして3年目の昨年グランプリに輝きました。そして4年目の今年もグランプリを頂戴することができました。
 ゼミ生徒の創造性・着想力の素晴らしさが評価された結果です。ゼミの生徒は毎年高校1年生のみ。将来の成長が楽しみです。
【関連ファイル】
毎日新聞 2010年1月9日 特集記事
【関連リンク】
ビジネスアイディア甲子園ホームページ

 

第7回ビジネスアイディア甲子園でグランプリ獲得! 野口雅貴君

第7回ビジネスアイディア甲子園でグランプリ獲得! 野口雅貴君
 2008年12月13日(土)開催された、毎日新聞社・大阪商業大学主催の第7回ビジネスアイディア甲子園2008で、本校1年の野口雅貴君の「防災セット点検サービス」が参加4762点の頂点であるグランプリの栄誉に輝きました。
 総合学習の「起業で学ぶ現代」ゼミに参加して、一年間ビジネスアイディアを練ってきた野口君のアイディアは、配置薬(置き薬)と防災セットの点検管理を 融合したサービスで、審査委員長からは「高校1年とは思えない理路整然とした堂々たる発表で驚かされた」「日本の生活のあり方を見直すメッセージもこめら れていた」とのお褒めの言葉をいただきました。
 「起業で学ぶ現代」ゼミでは毎年このビジネスアイディア甲子園に挑戦していて2006年には高野実貴子さん(29期)が更新機能つき電子辞書のアイディ アで、2007年には三次義友君(30期)が新聞販売店を軸とした地域活性化ビジネスアイディアでそれぞれ審査員特別賞を獲得していますが、3回目の挑戦 にしてグランプリの獲得となりました。

詳細は毎日新聞2009年1月10日号13面記事と大阪商業大学「ビジネスアイディア甲子園」HPを下の関連リンクをクリックしてご覧下さい。(毎日新聞記事は1ヶ月程度の掲載です。)

■ 表彰式でプレゼンテーション

■ ビジネスアイディア甲子園会場にて

【関連リンク】
毎日新聞1月10日記事
大阪商業大学ビジネスアイディア甲子園HP

二年連続入賞、ビジネスアイディア甲子園

二年連続入賞、ビジネスアイディア甲子園
総合学習の教員主導テーマ「起業で学ぶ現代」ゼミは平成19年度も14名の生徒が集まり、ビジネスアイディア甲子園(毎日新聞社・大阪商業大学主 催)と日経ストックリーグへの挑戦をテーマに活動をおこないましたが、ビジネスアイディア2006の高野実貴子さんの審査員特別賞に続き、ビジネスアイ ディア甲子園2007でも三次康友君が「CRONA~新聞販売店からの地域再生~」というテーマで審査員特別賞を獲得しました。新聞販売店の持つポテン シャルを生かした発想が評価されました。
なお、授賞式に続く高校生起業教育ミーティングにもゼミ生4名が参加し、全国の高校生と交流しながら起業ワークショップなどを体験してきました。

■ 授賞式にて

■ 起業教育ミーティングのワークショップにて

総合的な学習の時間

総合的な学習の時間
 社会環境が変化し、価値観がどんどん変容する現代にあっては、自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する 資質や能力を身につけることが要求されています。そのような能力を身につけるため、従来の教科の枠を超えて展開されるのが、「総合的な学習の時間」です。 本校では中学校3年と高校1年に週1時間を配当しています。

 中学校3年では修学旅行、理科的内容、社会科的内容など様々なテーマに対し、講義や調べ学習・発表体験学習等を行います。この活動のねらいは、社会で起 きた、色々な事象に対する興味関心を喚起したり、さまざまな体験を積むことにより、将来の目標設定をする上での基礎をつくることにあります。

 高校1年では、個人テーマ研究を行います。これは生徒自身が、自分の最も興味のあるテーマを設定し、調査、研究をするものです。調査結果は論文にまとめ ますが、この論文作成が高校1年の中心的な課題となります。さらに論文の内容について発表を行います。優秀な作品を作成した生徒は、代表として講堂で中学 生にその内容を発表しますが、この発表会は保護者の方々にも公開しています。この活動のねらいは、情報の収集、編集、発信に関する能力をつけると同時に、 自らの将来について主体的に考える態度を育成することにあります。このような態度を育成することは、大学進学において、目標をさだめ、効果的な学習をする ために不可欠であると考えています。