清真学園の目指す学校

清真学園の目指す学校  

昭和53年に創立された本校には、鹿行地域のリーディングスクール(進学校)として、現役で国公立大学や有名私立大学に合格できる生徒を卒業させるとと もに、大学教育からその後の社会生活と職業生活に向けて、明確な目的意識を持った生徒を育成する進学校であることが求められています。
また、心の豊かさ、社会との連携、国際社会への貢献等の必要性が指摘されている現状において、学ぶことの意義を改めて問い直しながら、新しい時代にふさわしい教育を追求していくことが本校には課せられています。

  このような中で、以下のような学校を目指しています。

 1 社会の変化を見通して自己変革を行うと共に、参画・透明・責任の
   原則に基づく運営を行う学校。
 2 全人教育を進め、本校の伝統を継承し、心豊かな生徒の育成を図る学校。
 3 授業とともに、特別活動、生活支援、進路・進学支援等、学校生活の
   全ての面において生徒の満足度が高く、保護者・地域から信頼される
   学校。
 4 学問への興味・関心を高め、明確な目的意識と確かな学力を持つ生徒を
   育て、生徒の進学希望を実現する学校。

   また、教育方針に基づく本校の教育目標は、次の通りです。

 1 人権尊重の精神に基づき、自他を尊重する生徒を育てる。
 2 自主的・自立的に行動する生徒を育てる。
 3 知性に対する強い欲求を持つ生徒を育てる。
 4 健康な心身を育む。