校長室より(2/14)

2017/02/14

立春は過ぎましたが、寒さの厳しい日が続いています。先週9日には、ここ鹿嶋市でも雪が舞いました。当日はPTAによる「朝の挨拶運動」実施日でした。寒い中、ご参加いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。改めて御礼申し上げます。

さて、公立高校の入試が始まりました。昨日は千葉県の前期入試が実施されました。その「国語」の問題に額賀澪さんの「タスキメシ」が出題されました。「タスキメシ」は今年の「青少年読書感想文全国コンクール高等学校部門課題図書」でしたから、どこかで取り上げられるのではと感じていましたが、まさかお隣の「千葉県」でとは思いませんでした。この鹿行地区からも千葉県の高校を目指している中学生が多いはずです。問題文を見て「やった!」と思ったのではないでしょうか。きっと良い結果が出ることでしょう。

なお、問題と解答は、「東京新聞」のウェブページに掲載されています。是非ご覧ください。そして、解いてみてください。

http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/17/cba/cba1/cba-ko/ko_9.html

 

本校は来週から「後期期末考査」が行われます。それに伴い本日より「部活動停止期間」となります。今年度最後の試験です。生徒諸君の頑張りを期待しています。「学ぶことができる」ことに対する感謝の気持ちを忘れてはいけません。

また、大学受験真っ最中の高校3年生、および卒業生の諸君、もうひと踏ん張りです。体調管理をきちんとし、最後まで諦めることなく、自分を信じて頑張ってください。

朗報を待っています。

平成29年2月14日 校長 大津浩美

カテゴリ:校長室より